生活の知恵

赤ちゃんに使える入浴剤はいつからOK?選ぶポイントと注意点まとめ

赤ちゃんの肌はとてもデリケートで乾燥しやすく、ケアが欠かせません。

入浴剤を使えば、お風呂に入っている間にも保湿をすることができます。

しかし、赤ちゃんに入浴剤を使っても大丈夫なのか心配になるママも多いのではないのでしょうか。

赤ちゃんに入浴剤は、いつから使っていいのでしょう?

今回は、そんな赤ちゃんに入浴剤はいつから使っていいのか、入浴剤を選ぶポイントや使う時のポイントをご紹介したいと思います。

赤ちゃんを入浴剤入りのお風呂に入れてもいいの?

入浴剤は赤ちゃんのデリケートな肌を、お風呂に入りながら保湿してくれるので赤ちゃんの肌に優しいんです。

お風呂のお湯などの水道水には塩素が含まれているので、肌の皮脂などを奪ってしまいます。

そんなお風呂に入浴剤を入れることで、赤ちゃんの肌を塩素から守ることができます。

赤ちゃんに入浴剤を使えるのはいつから?

赤ちゃんを入浴剤入りのお風呂に入れられるのは、生後3か月~4か月頃からだと言われています。

生後すぐの赤ちゃんの肌は安定していないので入浴剤が逆に刺激になってしまい、肌荒れを起こしてしまうことがあります。

赤ちゃんに入浴剤を使い始めるのは、乳児脂漏性湿疹などがおさまって、肌が安定した頃からにしましょう。

入浴剤の中には、新生児時の頃から使うことができる入浴剤もあります。

入浴剤を赤ちゃんに使う時は、入浴剤の対象年齢や注意点などをよく見てから赤ちゃんの肌に優しいものを使ってあげて下さい。

赤ちゃんの入浴剤を選ぶポイントとおすすめの商品の紹介!

赤ちゃんに使う入浴剤を選ぶときは、まずは肌に刺激の少なくて優しいものを選びます。

香り付きのものや色付きのものは肌に刺激が強い成分が含まれていることが多いので、赤ちゃんでも使えるものや天然成分の入浴剤を選んでください。

パッケージには必ず対象年齢も書いてあるので、赤ちゃんの年齢に合ったものを使いましょう。

また、入浴剤によっては、開封してから年月が経っていると、劣化してしまっている可能性があります。

赤ちゃんに入浴剤を使う際には、なるべく開封してすぐのものを使うようにしてください。

赤ちゃんにも使うことができるおすすめの入浴剤を、いくつかご紹介します。

アトピタ

アトピタは薬用入浴剤で、赤ちゃんのお肌の保湿を重視して作られたとても赤ちゃんに優しい入浴剤です。

赤ちゃんの荒れた肌を優しく保護し、炎症を抑えてくれます。

WELEDA(ヴェレダ)

保湿や肌荒れの予防に効果がある、オーガニックなタイプの入浴剤です。

ハーブの香り付きで、ママも赤ちゃんも一緒にお風呂をゆっくりと楽しめます。

赤ちゃんが入浴剤入りのお風呂に入るときの注意点!

赤ちゃんに入浴剤を使う時は、いくつかの注意点があります。

皮膚疾患がある場合は医師に相談する

赤ちゃんでアトピー性皮膚炎などの症状を持っている赤ちゃんには、いきなり入浴剤を使うのではなく、医師に相談して使っても大丈夫か確認を取りましょう。

入浴剤によっては赤ちゃんの皮膚疾患が悪化してしまうこともあるので、医師からの許可が下りても症状がひどくなれば使用をやめるようにして下さい。

誤飲しないようにする

入浴剤入りのお風呂にはいろいろな成分が入っているので、赤ちゃんが飲んでしまったら危険です。

もしも飲んでしまった時は、すぐに病院に連れて行ってあげて下さいね。

最初は量を少なめに

赤ちゃんの肌はデリケートなので、入浴剤が肌に合わないかもしれません。

少量からお風呂に入れて、徐々に赤ちゃんに慣らしていきましょう。

まとめ

赤ちゃんの肌はとても敏感なので、入浴剤を使うとお風呂の間に肌の保湿をすることができます。

乳児脂性湿疹などがおさまり、肌が安定したと感じるようになれば使い始めても大丈夫です。

赤ちゃんに初めて入浴剤を使う時は、赤ちゃんの肌に合っているかよく見て注意しながら使ってあげましょう。