生活の知恵

生クリームがゆるい原因と早く固まる方法!ピンク色のホイップクリームが作れる裏技!

生クリームを泡立てて堅いホイップクリームにしようとしたのに、全く角が立たない!

むしろ生クリームがゆるくなってる!失敗したー!って事、一度や二度ありますよね?

改めてホイップクリームの作り方は習うことないので、生クリームがゆるくなってしまう原因を一緒におさらいしてみましょう!

スポンジケーキをこれから用意する方やスポンジケーキの代用品を知りたい方はこちら↓

http://amajo.site/suponnzike-ki-daiyou/

生クリームがゆるい原因は?

生クリームがゆるくなる原因をご紹介します!

 

生クリームがゆるいのは植物性のホイップクリームを使っているから?

生クリームには「動物性」と「植物性」があるのを知っていますか?

「乳及び乳製品の成分規格等に関する省令(乳等省令)」において、「クリームとは、生乳、牛乳又は特別牛乳から乳脂肪分以外の成分を除去したもの」と定義されていて、その脂肪分は18%以上と規定されています。つまり、クリームとは生乳を分離して脂肪分が多い部分を取り出したもので、一般的に『生クリーム』とも呼ばれています。

出典:雪印メグミルク株式会社クリーム研究室

それ以外の製品は「生クリーム」とは書いてなくて、「○○ホイップ」などの商品名となっていることが多いようです。

植物性のクリームは「植物性油脂」に乳化剤などを加え、クリームのように加工した製品です。

乳脂肪分が低いため、泡立ててホイップクリームを作るのに時間がかかるデメリットがあります。

その為、動物性の生クリームを使うのがおすすめです。

 

ボウルや泡立て器などの調理器具に水分が付いていると生クリームがゆるくなりやすい?

生クリームを入れて泡立てるボウルや泡立て器に水滴が少しでもついていると生クリームはゆるくなり、 角が立たない原因となります。

調理器具は洗った後水滴を拭き取り、しっかりと乾かしてから使いましょう。

 

調理器具や生クリームが暖かいとゆるくなりやすい?

デコレーションしてあるケーキの生クリームは冷蔵庫で冷やしておかないと、生クリームがダレてしまいますよね?

それと同じで、生クリームは暖かいと泡立ちにくいのです。

生クリームを入れて泡立てるボウルや生クリームを冷蔵庫でしっかりと冷やしてから、泡立てましょう

ハンドミキサーのヘッドも冷凍室で冷やすといいですよ。

混ぜる時は、生クリームを入れてあるボウルより一回り大きいボウルに氷を入れて、冷やしながら泡立てると上手くいきます!
その時に、ボウルの下に濡れたタオルを敷くと、ボウルが動かなくなるので混ぜやすくなります。

 

混ぜるスピードは遅い?

生クリームが冷えてる状態ですぐに泡立たせないとゆるくなってしまうので、電動のハンドミキサーがおすすめです。

泡立て器の場合は、ボウルの下に濡れたタオルを敷いて、ボウルを斜めに固定して泡立てると混ぜやすいです。

生クリームが暖まってしまうとゆるくなりやすいので、泡立て器を素早く動かし、なるべく早くに泡立てます。

 

角を立てた後、冷やした方がいい?

角が立った生クリームをボウルのまま保管するのは避けた方がいいです。

暖まってしまうとすぐにゆるくなってしまいます。

保管する場合は、8割程度泡立てておいて使う直前で再度泡立てます

その時、必ず冷蔵庫で保管してください。

 

生クリームの角が早く立つ裏技!

生クリームの角が早く立つ裏技を紹介します!

 

ゆるい生クリームにレモン汁を入れる方法!

100mlに対してレモン汁は2~3滴が目安です。

レモン果汁の酸がたんぱく質を固めるので早く泡立つということです。

入れすぎると生クリームが分離してしまいますので、様子を見ながら入れるのがポイントです。

 

溶かしたゼラチンを入れて、ダレないホイップクリームを作る方法!

粉ゼラチンを水でふやかして、レンジで加熱します。

砂糖を入れた生クリームを8割程度泡立てて、レンジで加熱した粉ゼラチンを生クリームに入れて一気に混ぜます。

ダマになりやすいので、手早く混ぜるのがポイントです。

 

子供でも簡単にジャムでピンク色のホイップクリームが出来る方法!

100mlに対してジャムは大さじ1が目安です。

ジャムは、原材料にペクチンが含まれるものを使用してください。

生クリームにジャムを加えて混ぜるだけです。

いちごジャムを入れればピンク色のホイップクリームになります。

 

生クリームを上手に固めるために!

  • 動物性の生クリームを使う。
  • 調理器具は洗った後水滴を拭き取り、しっかりと乾かしてから使用する。
  • ボウルや生クリームを冷蔵庫でしっかりと冷やしてから、泡立てる。ハンドミキサーのヘッドも冷凍室で冷やす。
  • 電動のハンドミキサーがおすすめ。泡立て器の場合は、素早く動かしなるべく早くに泡立てる。
  • 生クリームが泡立って固くなった後も、暖まってしまうとすぐにゆるくなってしまうので、すぐに使うか冷蔵庫で保管する。

 

まとめ

出典:PhotoAC


 生クリームを泡立てるのは簡単そうで意外と難しいと思ったのではないでしょうか?

しかし、ポイントさえ押さえれば角が立つしっかりとした生クリームが出来ます。

ジャムを使って生クリームを泡立てれば、子供でもすぐに出来ちゃうので、生クリームを使って、クリスマスケーキやバレンタインに自家製のケーキもいいですね!