育児の知恵

【体験談】ケロイドになりにくい?帝王切開の傷跡は保護テープを使おう!

病院で帝王切開の傷跡の保護テープの話をされた方もいると思いますが、保護テープを知らない人もいます。
私は1回目の帝王切開で双子出産の時、傷跡の保護テープは知りませんでした。

2回目の帝王切開は1回目とは違う病院だったため、初めて保護テープの話を聞いて使ってみました。

今回使ってみて良かった点や私の経験を紹介します。

なんで帝王切開の傷跡がケロイドになるの?

ケロイドとは帝王切開後の傷跡が赤紫色になり、ミミズ腫れのように跡が残ることを言います。

ケロイドは体質でなりやすい人となりにくい人がいるみたいです。

あとは摩擦でこすれたりしてもなりやすいと病院の先生は言っていました。

保護テープをつけるメリットは?

私は1回目の帝王切開の傷跡はケロイドになり、ミミズ腫れになりました。

双子出産した病院では、傷跡の保護テープの事を特に言われなかったので、保護テープの存在自体知りませんでした。
2回目の帝王切開の後から保護テープを使いましたが、傷跡はとても綺麗になりました。

そして何より保護テープを貼っていると、子供を抱っこするときに傷跡保護されているからなのか、傷跡の痛みが軽減されるのです!
双子出産したときは保護テープを知らなかったので、知っていたら保護テープを使いたかったなーと思うくらいおすすめです!

帝王切開の傷跡に貼る保護テープのおすすめは?

「住友スリーエム株式会社 3Mネクスケア」

これのテープは、私が出産で病院に入院している時から産後1ヶ月の間に病院からもらったので使っていました。

医療用のテープです。

産後一ヶ月までは傷に対して垂直に短いテープをたくさん貼るようにと病院で言われたので、「住友スリーエム株式会社の3Mネクスケア」を短く切って使っていました。↓


「ニチバンのアトファイン」

産後1ヶ月過ぎから産後6ヶ月までは↓「ニチバンのアトファイン」を使っていました。

病院では1枚300円だったので、私は毎回ネットで買っていました。

アトファインは7日くらいで交換と書いてあるのですが、私の場合は10日くらい貼っておいてもはがれず、かゆくもならなかったです。

【 メール便 送料無料 】 アトファイン ニチバン 帝王切開の傷 手術後 傷 傷あと ケアテープ


「富士薬品のエフシート」

「ニチバンのアトファイン」は値段が高いと思っていたので、他にも保護テープがあるか探していた頃、ネットによく紹介されていたのが、↓「富士薬品のエフシート」です。

これはシリコンシートになっていて、2~3週間くり返し使用出来るとのことでした。

でも値段を見てびっくりしたので、結局産後6ヶ月まではアトファインを使っていました。


その後今産後1年ですが、コスパを考えて3Mを使っています。

これは長さが調節出来るので使いやすいんです!

傷自体はもう綺麗になり、良く見ないと傷がわからないくらいです。

しかし、たまにズボンで擦れて痛いときがあるので、まだ様子を見ながら使っています。

追記:今は産後1年3ヶ月経ちますが、テープはもう使っていません。

1回目の出産の時は傷の保護テープがあることを知らなかったので、痛みをこらえてました。結局、2年経っても傷は痛かったです。

しかし、今回の出産で傷の保護テープを知り、1年3ヶ月で痛みは全くありません。

しかも傷が綺麗で目立たないです。

もっと早くに傷跡の保護テープを使っていればと思いました。

まとめ

3M
 長さを調節しながら使えるのでコスパが良い!
 値段も安い!
アトファイン
 病院で推奨されていた。
 使ってみた感じ剥がれにくくて、でも剥がすときは痛くない!
 傷の大きさによってサイズが選べる。
エフシート
 ネットで良く紹介されている。
 2~3週間、洗って繰り返し使える。
 
傷跡の保護テープを3つご紹介しました!

私は3M→アトファイン→3Mという順番で使ったのですが、普段剥がれにくいけど、剥がすときは痛くないアトファインが使いやすかったです!

傷跡の保護テープ是非使ってみてください!