育児の知恵

モッツァレラチーズは何歳から?1歳2歳の赤ちゃんの離乳食や子供が食べる時の注意点!

離乳食が進むとチーズも食べられるようになり、レシピの幅も広がりますよね。

しかし、チーズにはアレルギーや加熱の必要があるのかなど、注意点がたくさんあります。

今回は、そんなチーズの中でも、モッツァレラチーズについて、何歳から食べられるのか、加熱が必要なのか、どんなことに注意するのかなどについて、ご紹介したいと思います。

モッツァレラチーズは何歳から食べても大丈夫?

モッツァレラチーズはチーズの中でも味があっさりとしていて赤ちゃんでも食べやすく、離乳食後期の9~11か月頃から食べることができます

タンパク質やカルシウムが豊富で塩分が少ないので、離乳食期の赤ちゃんにも比較的優しく安心な食材です。

しかし、弾力がありしっかりとつぶして食べる必要があるので、少量から与えて慣れさせるようにしましょう。

離乳食後期の固さはバナナくらいが目安なので、少なくともこのくらいの固さのものを食べられるようになってから与えます。

始めはアレルギーの心配もあるので、加熱したものからあげるようにして下さいね。

モッツァレラチーズは生?加熱が必要なの?

モッツァレラチーズを赤ちゃんや子供にあげる時には、必ず加熱してからあげないといけません

離乳食で初めての食材を与える時にはどんなものでも基本的には加熱してから与えます。

チーズにはアレルギーだけでなく、「リステリア菌」という菌が潜んでいる可能性があります。

菌と言えばはちみつも1歳までは食べちゃだめなんです。

http://amajo.site/akacyann-hachimitu/

子供はまだ腸内環境が整っていないので、大人は何ともない細菌にも感染しやすくなっています。

加熱すると、このリステリア菌を死滅させることができ、赤ちゃんのようにデリケートな体でも安心です。

また、加熱をすることでアレルギーも起こりにくくなります。

初めのうちは加熱して与え、徐々に慣れてきたら少量ずつそのままで与えてみて下さい。

しかし、チーズの中には加熱用のチーズもあります。

加熱用のチーズは大人でもそのまま食べてしまうと危険な場合もありますので、子供に与える時には絶対に加熱してからにしましょう。

加熱したモッツァレラチーズはトロトロになっているので、チーズだけで食べるのは難しいです。

グラタンにしたり、ピザトーストなどにして食べさせてあげて下さい。

モッツァレラチーズを子供に食べさせるときの注意点

赤ちゃんや子供にモッツァレラチーズを与える時には、まずアレルギーに注意してあげましょう。

チーズは乳製品ですので、乳アレルギーのある子供には特にアレルギーが出やすくなっています。

また、チーズによって成分が少しずつ違い、他のチーズでアレルギーが出なくても、モッツァレラチーズでは出ることもあります。

他のチーズが大丈夫だからと言って、モッツァレラチーズも必ず大丈夫というわけではありません。

モッツァレラチーズを与える時は、少量ずつ与えてアレルギーがないか確認してから与えてください。

万が一アレルギーが出た時はすぐに病院を受診できるように、初めてモッツァレラチーズを食べさせるときは、平日の午前中にチーズをあげましょう。

まとめ

  • 赤ちゃんがモッツァレラチーズを食べられるようになるのは、離乳食後期の生後9~11か月頃です。
  • 始めて与える時にはリステリア菌やアレルギーの危険性もあるので、最初は必ず加熱してから与えるようにして下さい。
  • 加熱したチーズに慣れてきたら、少量であればそのままでも食べられるようになります。
  • モッツァレラチーズは原料が牛乳なので、乳アレルギーが出ることもあります。アレルギーには十分注意して与えましょう。

モッツァレラチーズにはカルシウムやタンパク質が豊富なので、食べられるようになったら、チーズからたくさん栄養を摂ることができるようになりますよ。