生活の知恵

父の日忘れがち…それなら母の日父の日まとめて両親に合同でプレゼントしちゃおう!

5月の第2日曜日は母の日、6月の第3日曜日は父の日です。

しかし5月に母の日、6月に父の日のプレゼントを用意して渡すとなると、 どちらも分けてプレゼントするのは正直面倒だったり、どっちか忘れちゃったり、なかなか会えずにプレゼントが難しいという方もいて、なかなか大変だと思います。

そこで母の日と父の日のプレゼントを、まとめて 2人に合同プレゼントを渡すのはありなのでしょうか?

また、どんなプレゼントが嬉しいのでしょう?

今回は、そんな母の日と父の日のプレゼントを合同でしてもいいのか、どんなプレゼントが喜ばれるのかなどについて、ご紹介したいと思います。

母の日父の日にまとめて両親に合同プレゼントはあり?

結論から言って、母の日と父の日のプレゼントを合同でするのはありでしょう。

母の日と父の日をまとめてお祝いする事に関しては、決まりはありません。

ですが、お祝いごとをまとめてするのは、人によっては嫌がられる事もあります。

しかし合同でのプレゼントは手を抜いてしまっていると思う方もいるかもしれませんが、そんなことはありません。

母の日、父の日のプレゼントは、日にちよりも感謝の気持ちが何より大切なんです。

実際に、一緒に合同でプレゼントを送っているという方も、多くいらっしゃいます。

その理由としては、やはり2か月連続でプレゼントを送るのが面倒、遠くに住んでいてなかなかプレゼントを送る機会が作れない、などがあるようです。

もし、母の日と父の日をまとめてお祝いしたいとなったら、まずは両親に正直に相談してみましょう。

「忙しくてちゃんとお祝いする時間が取れないから、母の日と父の日を合同で祝いたい」

「ペアギフトを渡したいから、母の日と父の日を一緒に祝いたい」

等、理由をしっかり伝えてお伺いを立てましょう。

間違っても「2人バラバラに祝うのが面倒だから」なんて言ってはいけませんよ!

また、母の日と父の日を合同で祝っていいのは、実の両親だけと覚えておきましょう。

義母・義父に対して合同でと言ってしまうと、「お婿さん(お嫁さん)が面倒くさがっている」と勘違いされかねません。

特別な理由がない限りは、義母・義父にはそれぞれプレゼントを用意し、きちんとお祝いをしましょう!

母の日父の日を合同にする利点

母の日父の日のプレゼントを合同で送ることで、生まれる利点もあります。

一緒にプレゼントをすることで、母の日と父の日の差がなくなるということです。

母の日と父の日のプレゼントを合同で渡すと、母の日だから先にもらうとか、父の日は忘れちゃった…とかがないので、渡し忘れもなくなります。

母の日父の日を合同にする時の注意点

母の日と父の日のプレゼントを合同で渡すときの注意点があります。

それは、できるだけ母の日に合同プレゼントを送るようにするということです。

母の日を過ぎてしまうと、お母さんに母の日を忘れてしまっているのではないかと思われてしまいます。

もし母の日が過ぎてしまっているときは、素直に事情を説明すれば大丈夫です。

母の日父の日…両親に贈るペアギフトやもらって嬉しいものは?

合同・母の日父の日のペアギフト

せっかく母の日と父の日のプレゼントを合同で渡すのであれば、別々では渡せないプレゼントにしてみてはいかがでしょう?

ペアギフトを渡す場合は、茶碗や湯呑みなどの食器類が人気です。

食器であれば毎日使いますし、好みに大きく左右されないからです。

定番の夫婦茶碗を始め、湯飲みや箸、晩酌をするならグラスセットがオススメです。

また、ペアのパジャマを渡すのもいいですね。

家の中ならペアルックになっても大丈夫ですし、夫婦仲が更に深まること間違いなしです。

更に、ペアの腕時計をプレゼントするのもオススメです。

最近はスマホで時間を確認できますが、腕時計の便利さは他に変えられません。

ファッションやその日の気分によって付け替えられますので、いくつあっても嬉しいものです。

合同プレゼント母の日父の日にもらって嬉しい物

また、お母さんとお父さんが一緒に楽しめるものをプレゼントするのもおすすめです。

例えば、2人の好きなお菓子やお酒など、分け合えるものだと一緒に楽しむことができますね。

母の日と父の日のプレゼントを合同ですると、2人分のプレゼント費用なので、それだけ予算にも余裕ができると思います。

2人で行ける旅行やイベントのプレゼント、温泉旅行などの奮発したプレゼントもどうでしょうか。

夫婦水入らずで日ごろの疲れを癒すことで、きっとさらに仲も深まりますよ。

他にも…

・ホテルのランチやディナーのペアチケット

・温泉の旅行券

・ミュージカルや映画のペアチケット

あまり遠くなく、2人でも簡単にいける場所を選ぶのがポイントです。

あまり遠い場所だと「また今度」と先延ばしになり、プレゼントしたはいいけれど行ってくれなかった、なんて事態になりかねないからです。

また、家族で旅行やイベントに出かけるのもいいですね。

一緒に食事に出かけたり、旅行に行って観光案内をしたりして、両親に楽しんでもらいましょう。

筆者も一度、両親が還暦になる年の母の日と父の日に合わせ、旅行をプレゼントしたことがあります。

近場の温泉に1泊2日の短い旅行でしたが、両親はとても喜んでくれたのを覚えています。

それ以降はしばらく合同でお祝いしていないのですが、今度は結婚50年記念の年に合同でお祝いしたいと思っています。

合同プレゼントをするときは、合同ならではのプレゼントでお母さんとお父さんを喜ばせてあげましょう。

まとめ

母の日と父の日は、合同で祝うのは問題ありません。

ただししっかりと事情を説明し、両親から了解を得てからお祝いの準備をするようにしましょう。

また、義母・義父の母の日と父の日を合同でお祝いするのは避けましょう。

「お祝いするのを面倒臭がっている」と勘違いされ、いらぬトラブルの元になってしまうからです。

母の日と父の日を合同で祝う際には、ペアギフトや2人で楽しめるイベントや旅行をプレゼントするのかオススメです。

ペアギフトは普段使いできるもの、旅行は近場で気軽にいける場所がいいでしょう。

母の日と父の日は両親に日ごろの感謝を伝え、心のこもったお返しで喜んで貰いましょう。