双子育児の知恵

双子の誕生日ケーキは1個?好みが違うときはどうする?

子どものお誕生日にはホールケーキを買ってお祝いするというご家庭が多いかと思います。

通常、ケーキは子ども1人につき1つ購入するかと思いますが、双子だとどうなるでしょうか。

知り合いのママさんは……

 

我が家の場合は「2人で1個」となっています。

ホールケーキ1つでも、子どもが小さいと食べきれなかったりしますし…

大人数が集まる誕生日会をするならいいですが、家族だけのお祝いでホールケーキ2個を食べるのは大変ですもんね(T_T)

ケーキ1個で子ども達はケンカしないの?と思われる方もいるでしょう。

我が家の例を挙げながら、双子の誕生日ケーキ問題の解決方法をお話します!

双子の誕生日ケーキは一個?それとも二個?

我が家の双子は予定帝王切開で誕生したので、誕生時間が3分違いです。

そのため、双子の誕生日は同じ日となりました。

双子を自然分娩するような場合は、双子の誕生時間に大きく差ができて日付がまたぎ、誕生日が違ってしまうこともあるでしょう。

(母子手帳に記載される出生時間で誕生日が決まるので、生まれ順に兄弟姉妹が決まり誕生日も決定となります。)

双子の誕生日が別の日になるなら、一人に1個のケーキもありでしょうが我が家の選択は「二人で1つのケーキ」です。

それでも子ども達に「どうして?」と聞かれたことはありません。

なぜなのでしょう。

◎幼い時から「二人で1個のケーキ」が当たり前?

子ども達が初めてデコレーションの誕生日ケーキを目にしたのは、3歳の誕生日です。

1歳の時は、生クリームが食べられませんからプリンを購入してお祝いをしました。

2歳の時には2人が大好きだったトミカの形をしたホットケーキを焼いた記憶があります。

ホットケーキの時はもちろん、1人ずつ盛りつけました。

ですが、3歳以降の誕生日以降は「二人で1個」のケーキを購入しています。

ケーキは子ども達が喜びそうな”可愛いキャラクターのデコレーション”のものにしてもらうことで特別感を出します。

フルーツたっぷりでも豪華に見えます!

そして、プレートには2人の名前を入れてもらいます。

キャラクターのケーキですと通常のデコレーションケーキよりお高くなりますが、一人1個ずつのケーキを買うより安くていいですよ。

◎プレゼントは一人1個ずつ購入

誕生日プレゼントは「一人1個」で購入しているので、ケーキの「二人で1個」は子ども達なりに納得しているのかな、と思っています。

「二人で1個」「一人ずつ」を使い分けることで、「分ける楽しさ」や「自分だけのもの」の楽しみを知ってくれるといいな、という期待も込めている双子の誕生日です。

双子のケーキの好みが違ったらどうする?

子ども達が成長するにしたがって、それぞれの個性も出てきます。

誕生日ケーキは「二人で1個」と分かってはいても、ケーキに描いてもらうキャラでもめたりすることが増えました。

そんな時は妥協できる部分を探します。

◎選択権をそれぞれに与える

ケーキの味は生クリームなのか、チョコケーキなのか…

一人がケーキの味を決めたら、もう一人がケーキに描くキャラを決める…など。

◎ケーキのサイズを大きくする

ケーキのサイズを大きくして、ケーキに2つのキャラを描いてもらうのもいいですね^^

子供の写真のケーキを頼んでも喜びますよ!

しかし、冷蔵庫への保管場所を確保する必要があります。

◎ショートケーキをたくさん買う

どうしても双子の意見がまとまらない場合には、”いろんな味のカットケーキを買うことにする”と宣言することもあります。

それであれば家族みんなが好きなものを選ぶことができます。

まとめ

双子の誕生日ケーキを買うにあたって、ホールケーキは「一人に1個」なのか「二人で1個」にするのかについて我が家の例を紹介しました。

お誕生会の規模や家族構成などによって、それぞれの事情があるでしょう。

試行錯誤を繰り返して、ご自身に合った方法を見つけてみてください。

ケーキの数にこだわらず、双子に笑顔で「おめでとう」の気持ちを伝えられることが大切だと感じています。