双子育児の知恵

双子育児で旦那にイライラした時の対処法とストレス発散の仕方!

双子育児で睡眠不足、やらなきゃいけないことは2倍・・・

イライラしやすいこの時期に旦那と歩調が合わないと、さらにイライラしてしまいますよね。

育児家事に協力的でなかったり、自分が休日に外出するのは当然と思っていたり・・・

そして、そんな旦那にモヤモヤが続いて余計にストレスがたまる。

双子育児で旦那にイライラした時の対処法~どんなことにイライラしているのか夫に話す!

イライラやモヤモヤが消えないときは、思い切って旦那さんに話をしましょう。

もちろん話しづらいですよね、「あなたのこんなところに困ってます。」なんて話すの。

受け入れてくれるかな・・・なんて不安がある方もいるでしょう。

しかし、日々の非協力な態度、子供がいるのに未だに自分が最優先の旦那を見ていると、もはや目と心の毒です。

よく、「男は察することができない生き物」といいますが、本当に言わないとわからない人います。

家族のことも思いやっていれば、察するとかではなく自然と体が動くと私は思いますが(笑)

もちろん、そういう素敵な旦那さんもたくさんいますけどね。

そして、いざ話し合いをするときに。

大切なのは、感情的にならずにあなたが今つらいと思っていること、これをされたら悲しい(イライラする)こと、しっかり言うことです。

冷静に、客観的に。

こちらが感情的になると、相手も感情的になりやすいです。

そして、思っていたことが伝えきれずに会話が終了してしまったり、逆に思っていいないことまで勢い余って言ってしまったり。

結局さらにイライラが募ったり・・・

いいことありませんよね。

旦那さんへの要望を伝えるタイミングも、様子を見ながら決めましょう。

小出しにその都度伝えるもよし、週末にゆっくり話すもよし。

基本的に、旦那さんが不機嫌な時は避けたほうがいいですね。

話しやすい雰囲気の時に、深刻になりすぎず、ケンカするのが目的ではないと頭の隅に置きながら、話をしましょう。

双子育児で旦那にイライラした時の対処法~夫には期待しすぎないこと!

先ほど書きましたが、旦那に困っていることを伝えたそのあと。

それでも「私の言ったことが伝わっていないのでは?」というときが、あるかもしれません。

そんなときは、言いたくないとは思いますが再度言ってみましょう。

ネチネチ「このあいだも言ったよね?!」ではなく、あくまでさらりと。

そして、それでも旦那が変わらない場合は、根気よく伝え続けるか、いっそのこと諦めましょう(笑)

あなたにとって、根気よく伝え続けて旦那が変わるのを待つか、諦めて自分でやってしまう、または旦那の行動に目をつぶる。

どちらがストレスは少ないでしょうか。

夫婦間の関係性、お互いの性格、それによって違いますよね。

ちなみに私は、本当に言えなくて、言っていないので旦那も変わらなくて、でもいつの間にかいろいろなことがどうでもよくなりました(笑)

だって、何か不満を言うと、不機嫌になって数日間無視されるから。

そうなるストレスを考えると、何か言おうと思うことが少なくなりました。

なにせ目の前で泣く双子、旦那でストレスをためている場合じゃないですから(笑)

やはり、私も旦那も一個人、別の人間なので物事に関する考え方も違います。

そして、妊娠の瞬間から我が双子と一緒にいる自分と、生まれた瞬間から子供たちを知る旦那が、最初からまったく同じ意識を持てるわけがないと思っています。

悪い意味ではありません。

これは紛れもない事実です。

そして子供が産まれて、平日主に育児をしているのが母親である私という我が家の場合。

旦那に、自分と全く同じ思考でいてほしいと思う、そして行動してほしいというのは、ちょっと無理があるのかと気づきました。

自分ですら手探りの双子育児、そして我が家にとっては初育児。

旦那は私以上に戸惑っている。

そのことを常に頭の隅に置いておく、これだけでも違いました。

もし、完璧でなくても、普段はやらない家事育児を率先してやってくれたら、思いっきり嬉しそうに感謝を伝えましょう。

ここで絶対に、「普段やってないから、本当に要領悪いんだね。」とか「私そんなやり方でやってる?!」などとは言わないでおきましょう。

間違いなく旦那さんは不機嫌になり、さらに家事育児への戦力にはならなくなるでしょう。

やり方は違って当然。

効率の悪さなどにイライラ、少しの間は黙っていましょう。

手直しはこっそりと(笑)

こちらの話に耳を傾けてくれそうなら、慣れてきたころに優しくアドバイスするのもいいですね。

双子育児で旦那にイライラした時の発散の仕方~育児や家事を自分自身が楽にできるよう工夫する!

旦那さんへのイライラを発散するために、私は

  • 友人や家族に愚痴る。
  • 紙にイライラを書いて、破り捨てる。
  • 好きなものを、食べまくる。

これくらいのことをやっていました。

他にも、自分のために時間を使えると、旦那への毒はだいぶ抜ける気がしました(笑)

美容院に行ったり、ネットサーフィンしたり、その程度でしたが。

でも、環境によっては美容院にすら行くのが難しい場合もありますよね。

そんな発散がなかなかできないママは、考え方を変えてみましょう。

そもそもイライラを減らすため、とにかく家事育児を自分仕様(旦那も入り込める程度に)にする。

授乳離乳食は極力同時に。

私は離乳食を、まとめて作り冷凍していましたが、まぁ減るのが早い。

今思えば、レトルトの離乳食も賢く活用してよかったんですよね。

手作りにこだわりすぎてた気がします。

洗濯物が一気に増えて干すスペースが足りない!

バスタオルをやめてフェイスタオルにしてしまいましょう。

洗面所のタオルを洗濯機に入れる前に、洗面台のホコリなんかも、そのタオルで拭いてしまいましょう。

料理は大皿1品でもいいじゃないですか。

大切なのは、栄養が取れるかです。

具材を入れて炒めるだけの、半レトルトのようなものを活用してもいいと思います。

仕事から帰ってきた旦那さんに「これだけ?」と言われたら、悲しそうな顔をしてやりましょう(笑)

旦那さんがお仕事でがんばっている最中、あなただってがんばって双子と闘っていたのです。

最後に

育児中は、旦那さんにイライラすること、絶対にあると思います。

たとえどんなに、家事育児に積極的な旦那さんであっても、です。

上手にイライラを発散できるときと、できないときがあると思います。

運よく、旦那さんがこちらの要望を理解してくれ、イライラの元を解決できることもあります。

でも大半は、モヤモヤが残っているけど、流してしまうのではないでしょうか。

私はそれでもいいと思います。

あなたが、解決するより見てみないふりをするほうが、ストレスが少ないのなら。

そのうち、旦那さんの(あなたにとって)ポンコツなところも、気にならなくなり、その頃には確実にあなたの家事育児レベルはステップアップしていますから。

相手を変えるより、自分を変える方が簡単です!

何事も楽しんだもん勝ちです^^