育児の知恵

1歳までの赤ちゃんははちみつ食べちゃだめ!?授乳中のママや妊婦さんは?

赤ちゃんが離乳食を食べられるようになると、少しでも美味しいものを食べさせてあげたいですよね。

はちみつは甘くて赤ちゃんも喜ぶのではないかとあげたくなってしまいますが、1歳未満の赤ちゃんにはちみつをあげてはいけないと言われているんです。

なぜ赤ちゃんにはちみつをあげてはだめなのでしょうか?

また、授乳中のママが食べても、母乳から赤ちゃんへの影響はないのでしょうか?

今回は、そんな赤ちゃんがはちみつを食べてはいけない理由や加熱してもだめなのか、授乳中のママは食べてもいいのかなどについて、お話したいと思います。

赤ちゃんは、はちみつを食べちゃだめ?

1歳未満の赤ちゃんは、はちみつを食べてはだめだと言われています。

美味しくて栄養もありそうなのになぜ?でしょうか。

はちみつには「ポツリヌス菌」という菌が含まれているのですが、この菌が赤ちゃんにはちみつを食べさせてはいけない原因です。

はちみつを食べると「乳児ボツリヌス症」にかかることがあるのです。

乳児ポツリヌス症ってなんでしょうか?あまり聞いたことないですよね。

わかりやくいうと食中毒です。

ポツリヌス菌は土、海、川などの泥砂中にいる菌です。

自然界の毒素の中では最強の毒力があるといわれている菌になります。

ポツリヌス症になると吐き気や嘔吐、視力障害、言語障害など神経障害が現れるのが特徴です。

しかも突然発症することもあれば、数日かかって発症することもあります。

実は日本国内でも海外でも報告事例があり、はちみつは1歳未満の赤ちゃんにはとても注意が必要なんです。

赤ちゃんがはちみつを食べるとどうなる?

赤ちゃんがはちみつを食べてポツリヌス菌を摂取してしまうと、まだ腸内環境が整っておらず不安定な腸内に定着し、繁殖をします。

繁殖したポツリヌス菌は芽胞というものから毒素を作り出し、「乳児ポツリヌス症」を発症してしまう危険があるんです。

ほとんどの場合、治療により治りますがまれに亡くなることもあるぐらい怖い細菌です。

この芽胞が作り出す毒素は、たったの1gでなんと100万人の致死量に相当するそうで、それだけでもどれだけ危険なものかが分かりますね。

赤ちゃんが乳児ポツリヌス症を発症すると、まずは数日の便秘が続きます。

そして徐々に全身の筋肉が低下していき、力が入らずおっぱいを飲む力がなくなっていき、泣き声も小さくなっていきます。

顔の筋肉も低下するので表情がなくなったり、呼吸もできなくなることもあり、最悪の場合は死亡してしまうこともあるそうです。

病院を受診し適切な処置を行うことで回復することが多いですが、とても危険なので、たとえ少量であっても、絶対に赤ちゃんにはちみつを与えてはいけません。

はちみつを加熱したら赤ちゃんは食べられるの?

食中毒を起こしやすい食材でも、加熱をすれば食べられるようになることも多いですよね。

これは、食中毒の原因となる菌が高熱を与えることで死滅するからです。

しかし、ポツリヌス菌の芽胞は、100℃で加熱しても数分生き残ることができるそうで、はちみつを加熱処理したからといって、食べても大丈夫になることはありません。

1歳未満の赤ちゃんにはちみつやはちみつ入りの飲み物・お菓子などを与えないように気をつけたいですね。

1歳を超えると腸の環境も整い、ポツリヌス菌に対抗できるようになるので、はちみつを食べられるようになります。

ちなみに、はちみつと混合して考えられがちなメープルシロップは、はちみつとは全くの別物でポツリヌス菌も含まれていないので、赤ちゃんでも食べることができますよ。

妊婦さんや授乳中のお母さんははちみつを食べていいの?

赤ちゃんにとってはとても危険なはちみつですが、授乳中のママがはちみつを食べるのは問題ありません。

授乳中のママも妊婦さんもはちみつを食べて大丈夫です。

おっぱいにもお腹の中にいる赤ちゃんにもはちみつは問題ありません。

母乳からポツリヌス菌が赤ちゃんに伝わることがないのかと心配するママは多いですが、ポツリヌス菌やその芽胞は、母乳や血液には混じることはないので、安心して大丈夫です。

そもそも、腸内環境の整っているママがポツリヌス菌を摂取してしまっても、消化器官で消化することができるので、すぐになくなってしまうんです。

授乳中のママがはちみつを食べることは、実は産後の疲れを早く癒す、産後ダイエット、授乳中の病気予防などに効果があります。

はちみつには疲労回復の効果が高いので、出産で疲れた体を癒してくれ、脂肪を分解してくれるのでダイエットにもなり、殺菌効果によって授乳中に落ちやすい免疫力を高めることができます。

またはちみつには鉄分、ビタミン、カルシウム、グルコン酸、ナイアシンなど6つの栄養素が含まれています。

その栄養素がイライラを解消してくれたり、腸内環境を整えて便秘を改善してくれたりします。

授乳中のはちみつは赤ちゃんに何の悪影響もなく、ママにとってはむしろメリットの多い嬉しい食材なので、産後の疲れや病気が気になるときは、ぜひ食べた方がいいです!

最後に

はちみつは赤ちゃんにとってとても危険なものなので、離乳食に甘さを足してあげたい場合ははちみつではなく砂糖やメープルシロップを加えてあげるといいと思います。

はちみつ、黒糖

メープルシロップ、きび砂糖

はちみつは意外にもいろいろな食品の原料となっているので、気をつけてください。

ポツリヌス菌はとても怖くて大人でも摂取するのが不安になってしまいそうですが、大人の場合は消化器官で消化することができるので、心配しなくて大丈夫です。

1歳未満の赤ちゃんには「乳児ポツリヌス症」から守ってあげるために、絶対に少量でもはちみつはダメです。