栃木県のコト

2019年「日光夏の花火大会」私のおすすめ観覧スポットと交通規制情報!

日光といえば日光東照宮や東武ワールドスクウェア等、見所がたくさんある観光都市ですよね。

しかし日光の夏は、「日光夏の花火」で決まりです!

そこで今回は、2019年の日光夏の花火大会について、気になる情報をまとめました。

私が毎年花火を見ている場所もご紹介します!

地元の方も観光にいらっしゃる方も、是非参考になると幸いです!

「2019日光夏の花火」日程や開催時間は?

日光夏の花火は、毎年8月第一土曜日に開催されます。

2019年は8月3日(土)に開催予定です。

雨天時は中止ではなく延期になり、小雨であれば決行されます。

当日の空模様が怪しければ、「日光旅ナビ」の公式ホームページを確認して情報を集めておきましょう。

とちぎ旅ネット…こちらのサイトは栃木県観光物産協会のHPです。こちらにも日光夏の花火の情報が載っているので、見てみてください。

場所は大谷川河川敷で行われます。

JR日光線の今市駅から徒歩15分、あるいは東武日光線下今市駅から徒歩10分で行ける場所です。

花火大会ともなると人の流れについていけば到着できるくらいの距離です。

打ち上げ時刻は19時〜20時半の1時間半打ち上げ数は5000発とやや少なめに感じますが、特大のスターマインや大迫力のナイアガラは、一見の価値があります。

嬉しいことに、打ち上げ場所周辺では大きな建物といった視界を遮るものがありません。

ですので、会場周辺であればどこにいても花火を余すことなく楽しむ事ができます。

また、日光夏の花火の会場周辺では、毎年屋台が並びます。

美味しいものを食べつつ花火を楽しみたいと思っている方は、打ち上げ時刻よりもやや早く会場に行き、出店でお目当てのものを買っておくといいですね。

「2019日光夏の花火」道路規制や臨時駐車場は?

先程、電車でのアクセス方法はご紹介させていただきましたが、車で会場に向かうという方も多いのではないでしょうか?

日光宇都宮道今市ICから車で10分の場所です。

駐車場に関してですが、周辺に臨時駐車場が用意され、全部でなんと900台も駐車できます。

しかも無料で駐車できるので、気軽に利用できそうですね。

私の一番オススメの駐車場は、「日光市立今市第二小学校」の臨時駐車場です。

ヤオハンスーパーやかわちドラッグストアが隣接しており、飲み物や食べ物だけではなく、必要だと思ったものをすぐに調達できるからです。

人混みが苦手な方は、車の中から花火を鑑賞するというのもアリですね。

ちょっと早めに行って、花火がバッチリ見られる場所に駐車するようにしましょう。

また、交通規制に関してですが、会場周辺にて18時〜22時まで行われます

2019年6月現在、交通規制の場所がまだ発表させていないので、発表され次第こちらにアップしますね!

また花火大会が終わった後、花火大会から帰る車で道路は渋滞を起こす可能性が高いです。

お子様連れの場合はトイレをあらかじめ済ませておき、食べ物や飲み物も用意しておくと安心ですね。

番外編…花火大会に持って行くと良いグッズ!

花火大会に持っていくといいグッズですが、夜は肌寒い事があるので羽織物やストールがあるといいでしょう。

更に芝生に直接座って鑑賞する場合は、レジャーシートや簡易イスの用意を忘れずに行いたいですね。

また、夕立があるかもしれませんので、レインコートや折り畳み傘を忘れずに持っていきましょう。

ちなみに筆者は聴覚過敏の傾向があるので、花火を見に行くの際は耳栓を持って行っています。

花火を間近で見られる分、音の大きさも普通の花火大会より大きく感じるので、耳栓を持っていくのを強くオススメします!

最後に

2019の日光夏の花火の日程は、8月3日(土)19時から20時半。

花火の数は5000発とやや控えめですが、目玉であるスターマインとナイアガラは必見です。

近くに高い建物がないため、比較的どこにいても花火を鑑賞する事ができます。

注意点として、日光夏の花火の会場である大谷川周辺は、夕立が多い地域です。

晴れていても必ず傘やレインコートを用意し、突然の夕立が来ても対応できるようにしておきましょう!

問い合わせ先  TEL:0288-30-1171  日光市今市納涼祭実行委員会事務局(日光商工会議所内)